FC2ブログランキング

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

おすすめ証券会社!

リンク

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/10/26 (Thu) 18:16
インデックス売買中心

日経平均は反発。112.30円高の16811.60円(出来高概算17億7800万株)で取引を終えている。

FOMC通過後の米国市場が堅調な展開となったほか、シカゴ225先物も16800円上回っていたこともあり、日経平均は買い先行スタートとなった。その後はしばらくは16800円前後での膠着感が強まっていたが、インデックス買いが断続的に入ったことによりじりじりと上げ幅を広げ、高値で前場の取引を終えている。

後場に入っても昼のバスケット取引がやや買い決め優勢であったことから強含みの流れは続き、一時16863.24円まで上げ幅を広げる場面をみせている。

ただ、物色はインデックス中心とみられ、指数連動の高い銘柄の強弱によって再び16800円を割り込むなど、その後は16800円を挟んだ膠着相場が続いていた。
 キヤノン、東エレク、トヨタや軟調スタートとなっていたアドバンテストがプラスに転じるなど、指数インパクトの高い値がさハイテクや国際優良株が堅調。

原油高を背景に国際帝石、伊藤忠など資源関連も強い動きをみせている。また、証券、ノンバンクの一角は冴えないものの、銀行、損保、不動産といった内需関連も軒並み値を上げている。

そのほか、ソフトバンクが強い動きをみせていたこともあり、中小型株への波及効果もみられていた。東証1部では値上がり905に対して値下がり662、変わらず130と、値上がりが過半数を超えている。

また、インデックス買いによる影響から、規模別株価指数は大型株指数が優位。決算発表が本格化する中、好決算を発表した企業が個別で物色された。その中で、証券、ノンバンクのほか、NEC、SUMCO、エプソンなど、ハイテクの一角が弱い。



FC2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/25 (Wed) 11:03
どうなるソフトバンク!まさに「予想外」

昨日紹介したヤフー!!

何とワラントでは110%以上も上昇!!

凄すぎる!!!!!!!!!!

しかし今日は反落!

そして次の注目はやはりソニーのプット!前にも紹介しましたがやはり電池の影響はかなり大きいようです!

そしてPS3の動向も気になる!

しかし当分はプット狙いでよさそうです!


・ソニーが電池回収計画を発表 6社のPC対象は計350万個

ソニーは24日、米デル製パソコンなどで発熱・発火事故を起こしたノート型パソコン用リチウムイオン電池について、自主回収・交換の計画概要を発表した。

 ≪03年8月以降≫

 回収・交換の対象となるのは、2003年8月から06年2月までに製造された2種類のリチウムイオン電池。東芝や富士通、シャープ、日立製作所など6社が製造したパソコンに搭載されたもので、合計350万個にのぼる。

 今回の計画とは別に回収を実施している米デル米アップルコンピュータ、中国レノボを含めると、回収総数は全世界で約960万個に達する。

 ソニーは、今回の電池回収・交換に伴う対策費として第2・四半期(7~9月)決算で約510億円を引き当て、07年3月期の営業利益予想を従来の1300億円から500億円へと大幅下方修正したばかり。業績だけでなく、ソニーブランドの失墜につながることになれば、影響の長期化は避けられない情勢だ。

 同日会見した中川裕副社長は、「パソコンユーザーや取引先に不便と迷惑をかけ、おわびしたい」と陳謝した。

 さらに、品質の向上に向けた対策として、不良電池の原因となっている金属微粒子を抑えるように加工時に防止装置を導入したり、出荷時の検査基準を厳しくしたなどの取り組みを行っていることを説明した。「安全性の対応は(今回の自主回収・交換で)十分にやったと思う。これで終わりにしたい」(中川副社長)と楽観的な見方を示した。

 ≪原因解明が急務≫

 電池の回収計画の概要が決定したものの、事故の原因解明という意味では不透明感は拭い切れていない。会見でも、「電池だけでなく、充電装置などのパソコン側のシステム構成も影響している」(同)と、電池の問題だけではないという、これまでの主張を曲げることはなかった。米デル側では「今回の問題は電池の製造工程上の欠陥が事故につながっている」(デル日本法人広報本部)と憤る。両社の主張は平行線をたどったままだ。

 不透明感は事故原因だけでない。今回の電池問題では、経営の責任の所在があいまいなことも露呈している。「電池回収・交換を円滑に進めるのが責務。現時点で経営責任うんぬんは検討していない」(広報担当の原直史・コーポレートエグゼクティブ)とし、役員報酬の返上などの社内処分すら検討していないことを明らかにした。

 こうしたソニーの姿勢に対し、市場関係者の間では「これほどの下方修正ならば経営者の責任問題につながるのは必至。これで経営陣におとがめなしなら、ソニーはいい笑いものになる」(外資系証券アナリスト)と辛辣(しんらつ)な意見もあった。電池問題が一件落着するまでには、なお時間がかかりそうだ。



FC2ブログランキング


テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/24 (Tue) 07:02
ソフトバンクモバイル、月額2,880円で同社同士の通話が無料になるプラン

ソフトバンクかなり大胆な携帯の割引を行うようです!

まさに「予想外」!!!

ヤフーも9月中間決算いいようですし・・・

これはいけるかもしれませんね!!!



ソフトバンクモバイル、月額2,880円で同社同士の通話が無料になるプラン

番号ポータビリティ開始の前日である23日、ソフトバンクモバイルは料金プランを発表した。

 ソフトバンクモバイル代表執行役社長兼CEOの孫正義氏は「価格について発表させていただきたい」としたうえで、

・auとNTTドコモのすべての料金メニューや割引プランと同条件で、そこから200円引き
・他社であっても長期割引の引き継ぎ
・他社の値下げには、24時間以内に対抗

を発表した。→携帯ランキング

 さらに「予想外割」として

・ソフトバンク同士の通話料は無料
・SMSのメール代は0円
・基本料金は加入から2か月間は無料
・パケット定額も加入から最大2か月間は無料
・基本料金、ソフトバンク同士の通話、SMS無料などを含めた月額2,880円のプランを設定

なども明らかにした。



FC2ブログランキング


人気ブログランキング【ブログの殿堂】


テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/21 (Sat) 21:06
ワラント投資法

ワラント投資法とゆうこうゆう物が売ってました!

値段は4800円と安いのですが・・・

4800円ぐらいワラントでは一瞬で吹っ飛びますよね!

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r31144508

買おうか迷ってます!




人気株ランキング





日経平均 16651.63円 (△100.27)

TOPIX 1644.15 (△8.38)

◎出来高 15.56億株

売買代金 19686.24億円

◎売買単価 1266.56円 (▼197.77)

単純平均 458.91円 (△1.41)

◎値上がり銘柄数(速報) 880銘柄 (▼148)

値下がり銘柄数(速報) 680銘柄 (△136)

◎新高値銘柄数(速報) 28銘柄 (△3)

新安値銘柄数(速報) 7銘柄 (▼2)

◎東証2部指数 4167.19 (△13.38)

日経JQ平均 2174.96円 (▼ 5.22)

◎NYダウ 12011.73ドル (△19.05)

ナスダック指数 2340.94 (△3.79)・19日
◎円相場 118.31円 0.15円高・15:00






人気ブログランキング【ブログの殿堂】







テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/20 (Fri) 22:17
相互リンク募集します!

相互リンクを募集しています。

以下に該当していれば歓迎します。
・株、投資、サイト など
・アクセスアップのために単語がずらずら並べてあるサイトはNG

手順↓
まずこちらのサイトのトップページ

サイト名
駄目オヤジの株修行!一億までの投資日記!

http://iriiri123.blog78.fc2.com/


を自分のサイトにリンクしてください。
その後、コメントにその旨をお知らせください。
リンクされているのを確認した後、こちらからもリンクさせてもらいます。

気軽に声をかけてもらえれば嬉しいです。
よろしくお願いします。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/20 (Fri) 07:25
ソニーの06年度ゲーム事業赤字2000億円に倍増、電池回収は960万個!

ワラント ソニープット買えましたか?

ソニーの06年度ゲーム事業赤字2000億円に倍増、電池回収は960万個!

当期純利益も、従来見込みの1300億円から800円に減額。

こりゃ売るしかないでしょう!




今日の出来高ランキング



19日の米株式相場は序盤こそ反落したが、すぐに切り返し、その後高値圏でのもみ合いが続いた。

コカ・コーラやファイザーなどの好決算発表でダウ工業株指数は再12,000ドル台に乗せた。

昼頃発表された9月景気先行指数と10月フィラデルフィア連銀景況指数が事前予想を下回ったことから、午後に一時、株価指数は神経質な反応を見せたものの、基本的には高値もみ合い相場だった。

なお、NY市場終了後に発表されたグーグルの決算は予想を上回った模様。

NYダウ      12011.73      +19.05  

S&P500        1366.96       +1  

NASDAQ        2340.94       +3.79  

CME225先物       16575      -125  

為替            118.2      -0.7  

WTI先物           58.5      +0.85  

金(Gold)先物        602.5    +9.9






FC2ブログランキング





テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/19 (Thu) 22:07
ソニー、今期業績大幅下方修正…純益は5年ぶり低水準

こうゆう時はワラントがいいですね!

ワラントは11時50分まで取引できます!

実際、ソニーのニュースが出てからプットが120%も上昇しました!

ワラントも使い方しだいでかなり有利な取引です!





出来高ランキング




ソニー、今期業績大幅下方修正…純益は5年ぶり低水準

ソニーは19日、2007年3月期連結決算(米国会計基準)の業績見通しを大幅に下方修正した。

 税引き後利益は7月時点で予想していた1300億円から800億円に修正し、02年3月期(153億円)以来、5年ぶりの低水準となる。

営業利益も1300億円から500億円に修正した。発火などの不具合が発生したノート型パソコン用リチウムイオン充電池の回収対象が全世界で約960万個に達し、回収費用が約510億円に上る見通しとなったことが最大の要因だ。

次世代ゲーム機「プレイステーション(PS)3」の国内販売価格を当初計画から値下げすることも影響した。19日記者会見した大根田伸行・最高財務責任者(CFO)は、充電池の回収問題について、「お客様やパソコンメーカーに大変ご心配をおかけしています」と謝罪した。





日経平均100円超える下げも、値上がり1000超える

 日経平均は反落。101.64円安の16551.36円(出来高概算15億3300万株)で取引を終えている。

NYダウが一時12000ドル台に乗せたことやシカゴ225先物も16700円に乗せていたこと、非公式の外資系動向で買い越しとなっていたこともあり、日経平均は続伸して始まった。

ただし、東エレク、アドバンテストなど値がさ半導体関連株が弱い動きとなったほか、主力大型株への利食い優勢の流れが続いており、日経平均の上値を抑えている。

一方、中小型株への出直り基調が強まってきており、これが日経平均を下支えする格好から、その後は前日終値を挟んだ膠着相場が続いた。

しかし、13時にHOYAが発表した決算が予想の範囲内となったことで売り優勢となり、先物市場での仕掛け的な売りにもつながった。これにより日経平均はじりじりと下げ幅を広げ、一時16500円割れ寸前まで下げている。

 ただ、ソフトバンクが前日終値水準で踏ん張りをみせたほか、新興市場では楽天がストップ高をキープしていたこともあり、中小型株の底堅い動きにより日経平均は下げ渋っている。

日経平均に加えて前場段階でプラスを維持していたTOPIXも若干ながらマイナスに転じたこともあり、全体的に利益確定の動きが出た感はある。ただし、新興3市場はともにプラスで推移しており、この流れから東証1部の規模別株価指数も大型株指数がマイナスとなる一方、小型株指数の上昇が際立っている。

そのため日経平均がマイナスで推移するものの、全体のムードはそれほど悪くない。
そのほか、出遅れ物色の流れは低位材料株へも波及しており、仕手系色が強く、下げのきつかった銘柄などが反発をみせていた。東証1部の騰落銘柄は値上がり1028に対して値下がり544、変わらず123と値上がり数が全体の6割を占めている。

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/19 (Thu) 07:12
NYダウ,ロンドン,インド株史上最高値更!



18日の米株式相場は急反発して始まったが、利益確定が先行した。

売り一巡後はもみ合いが続いたものの、ダウ平均は引けにおける史上最高値を達成した。

寄り付き直後にダウは一時史上初めて1万2000ドルの大台に乗せた。

ハイテク企業の好決算や、落ち着いたCPI、堅調な住宅着工件数が材料視され、ソフトランディング期待が強まった模様。

IBMは予想を上回る47%の増益となった四半期決算が好感され、ダウ平均の上昇に寄与した。

NYダウ       11992.68       +42.66  

NASDAQ        2337.15      -7.8  

CME225先物       16700      +115   

為替         118.9        +0.1  

WTI先物         57.65        -1.28  

金(Gold)先物     592.6        -0.9

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/18 (Wed) 23:15
「米株式:上昇、ダウ12000ドル突破、好調な経済指標や企業決算を好感」

 18日の米株式相場は買い先行スタートとなり、ダウ平均株価は初めて1万2000ドルを突破した。9月住宅着工件数が予想に反して4ヶ月ぶりの増加となったことや、インテル(INTC)やIBM(IBM)が予想以上に良好な決算を発表したことが好感されている。

また、9月消費者物価指数が05年11月以来で最大の低下となり、インフレは高水準ながら、上振れる可能性が低下していることも買い材料となっている。寄り付き段階のセクター状況は全面高商状。とりわけ、テクノロジー・ハード機器や半導体、運輸の上昇が目立っている。

 個別銘柄では、ヤフー(YHOO)とモトローラ(MOT)が予想を下回る決算や弱気な見通しを示したことで下落するほか、フォード(F)は18日付の米紙WSJが「高級車部門ランド・ローバーを売却する可能性は低い」と報じたことで上値が重い。投資判断及び目標株価の変更では、GSがIBMの投資判断を「中立」から「買い」に引き上げたほか、プルデンシャルはJ&J(JNJ)を「アンダーウェイト」から「中立」に引き上げた。その一方でパイパージェフリーはヤフーの投資判断を「マーケットパフォーム」に引き下げている。

 ダウ平均株価は前日比91.73ドル高の12041.75ドル、ナスダック指数は同比15.93ポイント高の2360.88ポイントで推移。NYMEX原油先物価格は同比0.6%高の58.60ドル前後で推移している(日本時間22時50分時点)。

「CPI、住宅指標に注目」
 18日のニューヨーク外為市場では、インフレを見極める上で日本時間21:30に発表予定の米9月消費者物価指数(CPI)と、グリーンスパン前FRB議長が先日「住宅市場の最悪期は脱した可能性がある」と述べた事から米9月住宅着工件数の経済指標に注目が集まっている。

ドル・円は、東京市場においてロシア中銀による外貨準備円比率引き上げに続き、「日銀が円キャリートレード調査を強化」との日本の新聞報道を受けた円買いに118円31銭まで下落している。米指標次第で中期攻防線の118円30銭を割り込み、118円割れを目指す動きになる可能性もある。

極東地政学的リスクが下値支え要因となっている。
 ユーロ・ドルは、ユーロ圏8月貿易収支が赤字に転落した事や、ユーロ・円絡みの売りに上値が抑えられている。

しかし、1.2500ドル前後ではアジア中銀筋などの買いが観測されており、下値も限られそうだ。米住宅指標が引き続き低調な結果となった場合は1.2600ドルを試す可能性がある。ユーロ・円は、148円50銭前後では金利差を狙ったリアルマネーの買いや極東地政学的リスクを受けた買いに支えられているものの、円キャリートレード手仕舞う売りに上値の重い展開は継続しそうだ。

 なお、ニューヨーク外為市場ではドル・円は118円65銭、ユーロ・ドルは1.2545、ユーロ・円は148円83銭、ポンド・ドルは1.8719ドル、ドル・スイスは1.2672フランで寄り付いている。



テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/18 (Wed) 21:43
先物主導で押し上げ、平均株価は41円高と反発

昨日、東芝売ってしまった!

今日の東芝、大幅高!!くやしい・・・

中期で780円まで持つつもりがつい我慢できなくて・・・

まだまだ修行が足りません!

さて今夜のNYはどうなるか!

18日のニューヨーク外為市場では、インフレを見極める上で日本時間21:30に発表予定の米9月消費者物価指数(CPI)と、グリーンスパン前FRB議長が先日「住宅市場の最悪期は脱した可能性がある」と述べた事から米9月住宅着工件数の経済指標に注目が集まっている。

ドル・円は、東京市場においてロシア中銀による外貨準備円比率引き上げに続き、「日銀が円キャリートレード調査を強化」との日本の新聞報道を受けた円買いに118円31銭まで下落している。
米指標次第で中期攻防線の118円30銭を割り込み、118円割れを目指す動きになる可能性もある。極東地政学的リスクが下値支え要因となっている。



本日の日経!

先物主導で押し上げ、平均株価は41円高と反発

18日後場の東京株式市場では、平均株価が上げに転じた。

中盤以降、株価指数先物に仕掛け的なまとまった買い物が入り、買い戻しの動きを誘い、現物株指数を押し上げた。楽天(ジャスダック)のストップ高など新興市場が上げ基調を強めた上、ダイヤリースとUFJセントの合併が報道(両銘柄とも真偽確認のため、午後2時35分から一時売買停止措置)され、再編思惑が高まったことも投資家心理の好転につながった。

 市場では、「今晩の米決算を受けたハイテク株の動きがポイントになるが、根底には国内好決算への期待感がある」(準大手証券)、「新興市場の急伸が大きな意味合いを持った。潜在的な需給の改善が表面化しつつあり、強い流れ」(中堅証券)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前日比41円41銭高の1万6653円と反発した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり761、値下がり786。
出来高は15億9631万株。売買代金は2兆2920億円。東京外国為替市場では、1ドル=118円台前半(前日終値は118円89銭)で取引されている。
 

テーマ : eワラント・デイトレ - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/17 (Tue) 22:54
ひとまず利益を確定させる流れ

17日 今日は非常にやりにくい1日でした。

売りでも買いでも難しかったです。

とりあえず中期でもつ予定だった東芝、本日利益確定!

今夜のNYがどうなるかが明日の日経に大きく左右されます。

日本時間11時現在
 NYダウ
11,933.29    -47.31 (0.39%)

明日の日経も軟調な動きかな?




本日の日経!!

日経平均は反落。
81.17円安の16611.59円(出来高概算15億2700万株)で取引を終えている。

NYダウが連日最高値更新、ナスダック、SOX(半導体)指数なども強い動きをみせており、日経平均は小幅ながら続伸して始まった。

しかし、為替市場でやや円高傾向となっているほか、北朝鮮による2回目の核実験実施の兆候との報道もあり、次第に利食い優勢の流れを強めている。

また、米国市場ではインテル、IBM、ヤフーといった企業の決算を控えていることもあり、ひとまず利益を確定させる流れとなったようである。

ただ、国際優良株なども利食い優勢ながら下を売り込む動きにはつながっておらず、日経平均は一時16600円を割り込む場面もみられたが、すぐさま押し目買いにより下げ渋りをみせていた。

 主力大型株が総じて利食いに押されているため、規模別株価指数は大型、中型、小型株指数全てがマイナスながら、小型株指数の下げは限定的。出直りをみせてきている新興市場では、マザーズは下げに転じたが、ジャスダック平均、ヘラクレスはプラスを維持している。

東証1部では値上がり559に対して値下がり1024、変わらず110と、値下がりが全体の6割を占めている。

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/16 (Mon) 23:13
平均株価は156円高と大幅続伸!

平均株価は156円高と大幅続伸!注目の東芝も爆上げ!!

先週の底値で仕込んでますから!!

しかし半分売って残りは780円くらいまで戻しそうなのでまだ持ってます。

しかし何度も言ってますが今週必ず日経、調整あります。

それもNYしだい・・・




16日の東京株式市場

16日後場の東京株式市場では、物色範囲を広げ、底堅く推移。

新規の手掛かり材料に乏しく、弱含みスタートとなったが、中小型株中心に約100億円の買いバスケットが観測され、平均株価は午後1時38分には1万6732円44銭(前週末比195円90銭高)まで上げ幅を拡大した。

前引け後に住友化や協発酵などが業績予想の上方修正を発表、9月中間期決算への期待感が高まった上、新興市場が上げ基調を強めたことも投資家心理の安定化につながった。
ただ、引けにかけては利益確定売りに上値を抑えられた。

 市場では、「現物が強い一方で先物に迫力がない。
信用買い残が大幅に改善した半面、裁定買い残は高水準。さらに外国人と個人との物色意欲の差など投資主体・動向によりギャップが生じ、どちらかに振れるエネルギーが蓄積されているように思える」(中堅証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前週末比156円22銭高の1万6692円76銭と大幅に続伸した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり1456、値下がり186。出来高は15億3873万株。売買代金は2兆1631億円。

東京外国為替市場では、1ドル=119円台後半(前週末終値は119円16銭)で取引されている。




テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/13 (Fri) 18:19
今日は絶好調!相場よかったですね!


13日後場の東京株式市場では、全面高商状が続き、堅調に推移した。
お昼の立ち会い外バスケット取引でやや売り決め優勢の流れを受け、弱含みでスタートしたが、下値の堅さから再び買い優勢に傾いた。平均株価は午後2時38分に1万6586円33銭(前日比217円52銭高)まで上げ幅を拡大する場面があった。新興市場の上げ基調が継続した上、来週後半から本格化する9月中間期決算への上方修正期待が根強く、投資家心理が安定化した。

 市場では、「平均株価は週足で下ヒゲの長い陽線を描き、新興市場のリバウンドとともに目先コツンときた感触だ。買い残減、売り残増と需給は改善。米主要企業の好決算期待も日本株に好影響を与えよう」(準大手証券)、「信用買い残の整理が進み、先物マーケットでは中長期資金の買いがイメージされ、不気味な強さだ」(中堅証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前日比167円73銭高の1万6536円54銭と3日ぶりに大幅反発し、5月12日以来の高値水準となる1万6500円台を回復した。
東証1部の騰落銘柄数は値上がり1405、値下がり225。出来高は18億4226万株(うちSQ分は概算1億6000万株)。売買代金は2兆8493億円(同2800億円)。東京外国為替市場では、1ドル=119円台前半(前日終値は119円42銭)で取引されている。

 資源高を背景に大手商社5社の業績拡大が伝えられ、三菱商、三井物、住友商、伊藤忠、丸紅など大手商社株が堅調。NY原油先物高を受け、国際帝石、石油資源、AOCHDなどの資源開発株も上げ基調を強めた。住金、新日鉄、神戸鋼、JFE、大和工などの鉄鋼株もしっかり。ナスダック指数高を映し、モルガン証がレーティング「オーバウエート」、目標株価5900円に引き上げたソニーをはじめ、TDK、京セラ、松電産、ファナックなどの主力ハイテク株に買いが継続。フィラデルフィア半導体株指数(SOX)高を受け、出来高トップの東芝や、アドバンテス、東エレク、エルピーダなどの半導体関連株も引き締まった。ソフトバンク、ヤフーも上値を追った。
個別では、CYBOZUがストップ高に買われ、値上がり率トップ。9月中間期連結業績予想を上方修正した太平工、ゴールドマン証などが大量保有報告書提出のサクラダ、日興シティ証が目標株価を2500円に引き上げたカプコンや、サンエーイン、東建コーポなども高い。
 半面、JR東日本、JR西日本、JR東海のJRトリオが軟調。三菱UFJ、みずほ、住友信託など大手銀行株の一角も甘い。個別では、セガサミーHが年初来安値を切り下げ、値下がり率トップのまま。メリル日本証が投資判断引き下げ検討のホギメディ、今2月期連結業績予想を下方修正したチヨダ、今2月期連結業績見通しを下方修正し、UBS証が目標株価を2700円に引き下げたアデランス、今3月期連結で一転減益見通し、8月中間期連結で経常3%減益のオンワードも安い。



平成景気、戦後最長へ 57カ月連続回復、「いざなぎ」に並ぶ

あまり実感ないですよね!給料は増えないし・・・

現在の景気が、戦後最長の「いざなぎ景気」(40年11月-45年7月)と回復期間で並び、来月には戦後最長の更新がほぼ確実となった。大田弘子経済財政担当相は12日、10月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出し、基調判断を「景気は回復している」に据え置いた。平成14年2月から始まった今回の回復局面は57カ月連続だが、過去の大型景気と比べて実感に乏しいのが特徴だ。

 景気の先行きについて大田担当相は、「原油価格動向が内外経済に与える影響などに留意する必要がある」と述べ、原油価格高騰の再燃に懸念を示した。ただ、全体的には「国内民間需要に支えられた景気回復が続くと見込まれる」とし、いざなぎ超えを示唆した。

 今回の景気回復局面の実質成長率は、年平均2・4%と力強さに欠け、いざなぎの同平均(11・5%)の約5分の1でしかない。戦後2番目の「バブル景気」(昭和61年12月-平成3年2月)の同平均(5・4%)と比べても半分以下だ。

 期間は長いが成長率は低い理由は、経済成長が足踏みする踊り場を2度も経験したためとされる。景気回復は世界的に長期化の傾向にあり、大田担当相は同日、「経済成長を高める余地はあり、持続的な回復を目指したい」と述べた。

 10月の月例経済報告では、8カ月連続で基調判断を「景気は回復」とし、企業収益、雇用情勢、個人消費、輸出といった各項目でも判断を変えなかった。ただ、個人消費では、「企業から家計への所得移転が弱まっている」(内閣府幹部)ことを踏まえ、「今後の所得の動向には留意が必要」と指摘している。

テーマ : お金を運用して殖やす - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/13 (Fri) 07:15
NYスゴイ上げ!!

12日の海外市況は
NYダウ  11947.7    +95.57  

S&P500  1362.83     +12.88  

NASDAQ  2346.18     +37.91  

CME225先物  16535     +85    

為替  119.4         -0.3  

WTI先物   57.86        +0.27  

金(Gold)先物   580.3    +3.8

12日の米株式市場は反発してダウは新高値を更新した。マクドナルドなど消費者関連株の強い業績見通しや決算で、
今後の企業収益に対する楽観的な見方が広がった。また、地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)では、
インフレ圧力が後退したとしたため、市場の更なる上昇のきっかけとなった。

世界の株高からして上がるのは間違いないです。
寄り付きは16500円くらいでしょう。
問題はSQと週末って事です。
SQはともかく週末だから場中は上がるが引けにかけて売られるかな。
終値で+150~200円くらいと予想します。
場中で16600円を超える時もあると思うけど。

やはり注目は東芝!!

今日も狙います!!

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/12 (Thu) 19:49
東芝売りました!

東芝売りました!買値と同じ707円!
もう少し様子見てからにします!

日経平均は続落。31.76円安の16368.81円(出来高概算16億7100万株)と終値ベースでは10月4日以来の16400円を割り込んでいる。米国市場がダウ、ナスダックともに小幅安となったほか、非公式の外資系動向も大幅売り越しとなっていることが市場心理を悪化させ、日経平均は売り先行スタートとなった。これにより寄り付き直後には一時16343.49円まで下げている。ただ、ソニー、アドバンテストなどハイテク株が堅調に推移しており、主力ハイテク株中心とした国際優良株の一角が全体を下支える格好となった。
 その後、先物市場での大口買いの影響や、下げのきつかった中小型株なども次第にリバウンド狙いの買いが入り、日経平均もプラスに転じてきている。明日のオプションSQを控え、これに絡む売買との見方もされていた。ただ、後場に入ると模様眺めムードが一段と強まる中、強い動きをみせていた主力大型株にも利食いに押される銘柄が目立ち始め、日経平均も下げに転じている。
 東証1部の騰落銘柄は値上がり643に対して値下がり929、変わらず122と昨日同様に値下がり数が過半数を超えている。また、相場をけん引していた主力大型株が利食い売りに押された影響から、規模別株価指数では大型株指数の下げが目立つ。そのほか、出来高の増加傾向が目立っていたミニ日経先物は、225先物(ラージ)の出来高を上回っている。下落基調が続いている新興市場はヘラクレス、マザーズともに反発となっているものの、テクニカルリバウンドの範囲内との見方が大勢である。

テーマ : 注目銘柄 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/12 (Thu) 17:37
規模別株価指数では大型株指数の下げが目立つ !

日経平均は続落。31.76円安の16368.81円(出来高概算16億7100万株)と終値ベースでは10月4日以来の16400円を割り込んでいる。米国市場がダウ、ナスダックともに小幅安となったほか、非公式の外資系動向も大幅売り越しとなっていることが市場心理を悪化させ、日経平均は売り先行スタートとなった。これにより寄り付き直後には一時16343.49円まで下げている。ただ、ソニー、アドバンテストなどハイテク株が堅調に推移しており、主力ハイテク株中心とした国際優良株の一角が全体を下支える格好となった。
 その後、先物市場での大口買いの影響や、下げのきつかった中小型株なども次第にリバウンド狙いの買いが入り、日経平均もプラスに転じてきている。明日のオプションSQを控え、これに絡む売買との見方もされていた。ただ、後場に入ると模様眺めムードが一段と強まる中、強い動きをみせていた主力大型株にも利食いに押される銘柄が目立ち始め、日経平均も下げに転じている。
 東証1部の騰落銘柄は値上がり643に対して値下がり929、変わらず122と昨日同様に値下がり数が過半数を超えている。また、相場をけん引していた主力大型株が利食い売りに押された影響から、規模別株価指数では大型株指数の下げが目立つ。そのほか、出来高の増加傾向が目立っていたミニ日経先物は、225先物(ラージ)の出来高を上回っている。下落基調が続いている新興市場はヘラクレス、マザーズともに反発となっているものの、テクニカルリバウンドの範囲内との見方が大勢である。


決算発表もどうやら曇りのようだし、ここは一度東芝株を手放して決算発表後のボトムで買い戻しが正解かな?

NAND型メモリー価格下落で今年度半導体売上目標達成は厳しい=東芝専務

 [幕張 5日 ロイター] 東芝<6502.T>の室町正志専務は5日、千葉市(幕張)で
開催中のエレクトロニクスの国際展示会「CEATECジャパン2006」で講演し、
8─9月のNAND型フラッシュメモリーの価格下落が大きく、今年度の半導体事業の
売上高目標を達成するのは若干厳しい、と述べた。年初に比べ、6割近く価格が下落
しているという。東芝は今年度の同事業の売上高目標を、1兆2500億円としている。
06年3月期実績は1兆0370億円。


テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/12 (Thu) 15:10
今日の日経の行方は?

昨日の日経は、反落いたしました。
前日のNYは、ナス・ダウ共に続伸していました。一方東証は朝方は強く始まりましたが徐々に値を消して行き結局マイナスの引けとなっています。
大型株に商いの中心があり中小の株の下げはかなりきついものが多いようです。
指数の割には値下がり銘柄は1500に迫る全面安状態となっています。
値上がり192銘柄に対し、値下がりは1,467銘柄、変わらずは38銘柄。
東証1部の売買代金は概算で2兆6539億円、売買高は19億106万株となっております
11日のNYは
NYダウ      11852.13      -15.04  

S&P500        1349.95     -3.47  

NASDAQ        2308.27      -7.16  

CME225先物        16450      -80  

FT100           6073.5      +0.8  

DAX           6119.45    +1.74  

為替            119.7     0  

WTI先物           57.59    -0.93  

金(Gold)先物         576.5   +0.3


気になるニュース!
CNNテレビなどによると、11日午後(日本時間12日未明)、ニューヨーク・マンハッタン東部の高層マンション(50階建て)40階付近に小型飛行機が激突、
ビルの一部が炎上している。

 小型機はヘリコプターとの情報もある。

 中には人がいる模様で、消火救出活動が行われているが、死傷者が出ている模様。

 おそらく事故だとゆうことです。

NYがマイナスで今日の日経はあまり期待できません。

こうゆう日は空売りで!

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/11 (Wed) 07:32
ダウ、再び最高値更新

ダウ、再び最高値更新!

10日のNYは
NYダウ       11867.17    +9.36  

S&P500        1353.42    +2.76  

NASDAQ         2315.43     +3.66  

CME225先物        16530     +230  

FT100          6072.7    +41.8  

DAX           6117.71     +33.31  

為替            119.7     +0.6  

WTI先物           58.52   -1.44  

金(Gold)先物        576.2     -6.6

円はしばらくは安いのではないかと言うアナリストが多いです。株式市場は年末までに年初来高値更新をするのではと言う方もおられます。


前日の日経は

この日は朝安の後切り返し一時180円近く上げましたが、2時の機械受注が市場予想以下となったことから
急速に伸び悩み一旦マイナスになるなど激しい動きとなりましたが終値はなんとかプラスでした。
全面安に近い値下がり銘柄数ではあります。
値上がり374銘柄に対し、値下がりは1,236銘柄、変わらずは88銘柄。
東証1部の売買代金は概算で2兆4801億円、売買高は16億8962万株となっております。

気になるニュース!

北朝鮮核問題

北朝鮮の核実験を受け、核弾頭を運搬手段の弾道ミサイルに搭載できるまで小型化する技術を持っているかどうかについて、
国際社会の懸念と関心が高まっている。米情報機関は「(小型化技術保有の)理論的な可能性はある」と分析しているが、
搭載実現には少なくとも数年はかかるというのが大方の専門家の見方だ

さて今日はどうなるか!

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/10 (Tue) 18:03
日経強し!!

日経上の意志を感じた日でした

前場から2時まで上げて売らせて、機械受注でまた一旦売らせて、最後の最後で踏ませる・・さらに場外乱闘高値引けでまた売らせて・・・

今日は核問題+指標悪いと、2大悪材料出た日なのに、なんだかんだ言って
プラス引け。
やっぱり日本株強し、まだ上げきってないし絶好の買い場!
だと思うのですよね。今後の展開を考えるといきなり200円高とかやってしまうより遥かに買いやすい状態で終わってると思います。

東芝も今日は反発してくれました!
まだ売らずにもってます!

この調子だと17000もありえる!

私の予想だが今日のNYも高いと思う!

テーマ : 株式情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/10 (Tue) 12:22
今日の日経!

北朝鮮問題で 誰もが 警戒した 日経。
プラスでしたね!

今日14時発表の機械受注は前回大きなマイナスだったので、
今回プラス予想になってますが、
サプライズはあるのか?

実は先週引け間際に東芝をかってました!
2日連続でかなりさげてましたのでそろそろリバウンド狙いで!
ちょっと不安でしたが予想どうりプラスです!

今日は14時からが勝負ですね!

テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/10/10 (Tue) 10:57
はじめまして!

はじめまして!駄目オヤジしんちゃんです。

最近は会社の給料はなかなか増えない・・・

だから株をはじめました!

目指せ1億!

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。