FC2ブログランキング

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

おすすめ証券会社!

リンク

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/22 (Wed) 10:41
最強の投資方法発見!

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

偶然発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!


スポンサーサイト

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/11/21 (Tue) 07:42
全面安、平均株価は365円安と4日続落し、安値引けに1万5800円割れ

20日後場の東京株式市場では、全面安に平均株価は安値引け。お昼の立ち会い外バスケット取引でやや売り決め優勢となった上、後場寄りに100億円規模の売りバスケットが観測されたこともあり、株価指数先物主導で下げ基調を強めた。高水準に積み上がった裁定買い残に伴う需給不安や、国内景気の減速懸念、証券税制の優遇措置廃止問題なども投資家心理の悪化につながった。

東証1部の業種別株価指数では、33業種すべてが下落し、値下がり銘柄数は全体の94%強に達した。

 市場では、「新興市場を含め、株価低迷で追い証(追加担保差し入れ義務)発生が警戒され、厳しい状況」(銀行系証券)、「先物マーケットで相当ロング(買い建て)に傾いていた海外ヘッジファンドが堪えられなくなり、売ってきたと見るべきだろう」(オンライン証券)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前週末比365円79銭安の1万5725円94銭と4日続落し、9月26日以来の安値水準となる1万5800円割れ。東証1部の騰落銘柄数は値上がり68、値下がり1614。

出来高は19億3941万株。売買代金は2兆5178億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台後半(前週末終値は118円36銭)で取引されている。


20日のNYは
NYダウ     12316.54        -26.02  

S&P500        1400.5         -0.7  

NASDAQ        2452.72         +6.86  

CME225先物      15810        -245  

FT100         6204.5       +12.5  

DAX           6452.33      +39.97  

為替            118.1       +0.3  

WTI先物           58.8      -0.17  

金(Gold)先物        622.1    -0.4




FC2ブログランキング



テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/11/17 (Fri) 23:34
ソニーの「PLAYSTATION 3」、1台売れるごとに数百ドルの赤字?

「PLAYSTATION 3」を購入したユーザーは、実際に支払った価格以上のものを手に入れているようだと、リサーチ企業iSuppliが述べている。

 iSuppliが米国時間11月16日に発表したレポートによると、ローエンドの20Gバイトモデルは製造費および原材料費として805.85ドルかかっているが、ソニーは同モデルを499ドルで販売しているので、ゲーム機だけで1台当たり306.85ドルの赤字が出ているという。マーケティングや宣伝費を計算に入れれば、ソニーが負担しなければならないコストはさらに跳ね上がる。

 60Gバイトのハードドライブを搭載するバージョンは、製造費および材料費に840.35ドルかかる。こちらは599ドルで販売されており、やはり費用が小売価格を241.35ドル上回っている。

 ソニーの関係者は、PS3の製造コストに関してコメントを発表していない。

 同社の最終的な概算値は、2006年初頭にほかのアナリストらが見積もった数字と一致する。2006年2月、アナリストらはPS3の製造および材料コストを725~905ドルの間と予測していた。

 一般的にコンソールメーカーは、自社のゲーム機を原価より低い価格で販売する。ゲーム機のコストを一部負担する代わりに、ゲームソフトに割増料金を上乗せし、その販売によって利益を得る仕組みを採用しているのだ。

 ゲーム機自体の価格も、ムーアの法則に従って下落し続けている。ソニー・コンピュータエンタテインメント社長の久夛良木健氏は2006年初め、1999年当時の「PLAYSTATION 2」では、内蔵するプロセッサおよびグラフィックチップの専有面積をそれぞれ239ミリ平方メートル、279ミリ平方メートル確保する必要があり、チップのサイズも大きく(そして価格も高く)なっていたと話した。2004年までにこれら2つのチップは1つにまとめられ、従来の約6分の1の大きさ、すなわちわずか87ミリ平方メートルのスペースに設置できるようになった。

 Merrill Lynchは、3年以内にPS3の製造および材料コストは320ドルにまで落ちると予想している。

 それでも、Microsoftのゲーム機「Xbox 360」などと比べて、ソニーがPS3でユーザーのために負担している金額は大きい。プレミアム版Xbox 360の製造および材料費は323.30ドルだが、販売価格は399ドルと設定されているので、ゲーム機のコストは75.70ドルのプラスとなる。もっとも、発売当初の製造および材料費原価は501~525ドルだった。

 PS3の製造コストを押し上げている主な要因は、Blu-ray Discドライブと、同機に実装されている特製チップに関する経費だ。Blu-ray Discドライブのコストは125ドルで、「Cell」マイクロプロセッサも約89ドルほどかかっている。さらには、東芝がPS3のために開発したグラフィックチップ「Reality Synthesizer」が、129ドルもするのである。

 iSuppliのアナリストAndrew Rassweiler氏は、「PLAYSTATION 3の製造にこれだけのコストがかかるのは、同機がきわめて高い処理能力を実装しているからである。もし、正体を教えられずに、PS3のマザーボードを少し離れたところから見せられたとしたら、ネットワークスイッチかエンタープライズサーバのものと勘違いしてしまうだろう」と、声明の中に記している。

 PS3の電源も、PCに搭載されるものの2倍におよぶ、37.50ドルものコストがかかっている。

 Xbox 360にもカスタマムデザインされたチップが使われており、Microsoft自身もその設計に関わったが、同機のチップは既存のプロセッサにより近いものだ。

 そこへ行くと、PS3のチップは明らかに別物と言える。ソニー、東芝、IBMらは、Cellプロセッサをほかの製造業者に販売してコストを相殺するつもりでいる。例えば、東芝はCellの一種をテレビに使う予定だし、あるワークステーションメーカーは、同チップをコンピュータに搭載する契約をすでに結んだという。しかしながら、こうした取り組みがそううまくいくものではないことは、過去の事例からも明らかだ。ソニーは、PS2のグラフィックエンジン「Emotion Engine」を、やはりほかのコンピュータに提供する計画を進めていたが、提携関係を築くことはついにできなかった。




値下がり銘柄数1200超、先物主導で売られ、平均株価は72円安と3日続落=東京株式市場


17日後場の東京株式市場では、乱調展開。為替相場の円安・ドル高推移や、TOPIXが前場段階で直近マド(13日高値1574.50~14日安値1584.50ポイント)埋めを達成したこともあり、目先底入れ感から買い戻しの動きが表面化。

平均株価は午後零時55分に1万6238円26銭(前日比74円39銭高)まで上昇した。その後は再び株価指数先物に大口売りが断続的に出て一時1万6067円27銭(同96円60銭安)まで下押した。新興市場の低迷など需給悪化懸念から投資家心理が悪化した。中で金融セクター中心に内需関連株売りが続き、現物株指数の足を引っ張った。

 市場では、「新興市場メーンに解約売りが観測され、裁定解消売り懸念が出始めている。NY株高と相反する動きが続き、厳しい状況だ」(米系証券)、「先物需給が悪化、インデックス売り連鎖と懸念したパターン。

後場に一時切り返したが、そのまま戻せないところに相場の弱さを感じる」(オンライン証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前日比72円14銭安の1万6091円73銭と3日続落した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり395、値下がり1227。

出来高は17億1543万株。売買代金は2兆2783億円。東京外国為替市場では、1ドル=118円台前半(前日終値は118円10銭)で取引されている。



FC2ブログランキング







テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/11/13 (Mon) 23:50
13日東京株式市場 平均株価は89円安と4日続落

13日後場の東京株式市場では、売り先行後に下げ渋りの流れとなった。

お昼の立ち会い外バスケット取引でやや売り決め優勢との見方から、前場の軟地合いを引き継ぎ、平均株価は午後零時33分に1万5913円86銭(前週末比198円57銭安)まで下げ幅を拡大。その後は買い戻しや、自律反発狙いの買いに切り返し、一時は前場高値1万6048円90銭(同63円53銭安)を上回る場面もあった。

ただ、あす14日の第3四半期GDP(国内総生産)・一次速報値の発表や、あおぞら銀行の新規上場を控え、戻りは限定された。

 市場では、「機械受注の悪化を受け、各社がGDP想定値を引き下げ、それを織り込みに掛かった。GDP結果は3通りを想定。

少々良いのがベストだが、仮に下ブレすれば、相場は下から入り、アク抜けの可能性もある。ただし、好内容が示されるようだと金利上昇懸念が台頭してくる」(欧州系証券)、「ショート(売り建て)に傾きやすい状況で「雲」の上限(一目均衡表日足で約1万5950円)前後で止まり、カバー(買い戻し)の動きが表面化したが、持続性は不透明。

あすはタイムテーブル的にもテクニカル的にも重要な日になる」(オンライン証券)との声が聞かれた。

 平均株価は終値で前週末比89円94銭安の1万6022円49銭と4日続落。東証1部の騰落銘柄数は値上がり314、値下がり1320。出来高は16億3564万株。売買代金は2兆2493億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台前半(前日終値は117円61銭)で取引されている。


NY市場オープニング

13日のニューヨーク外為市場では、ドル・円は11/15の米債償還・利払いに絡む本邦信託銀行からの売りが強く、再び中期攻防水準となる118円05銭を下回っている事から売りが先行する相場展開となっている。

しかし、117円での下値も堅く、中川自民党政調会長の「デフレ脱却はまだ早い」との発言に日本の利上げ観測が後退し117円台後半に反発している。本日発表予定の主要な米経済指標は日本時間14日 02:00の米10月財政収支のみで、117円10銭-118円10銭のレンジ取引に留まりそうだ。

ユーロ・ドルは、ユーロ圏利上げ観測や中国人民銀行による外貨準備分散投資計画を受けた買い意欲が強いものの、1.2900ドルと1.2925ドル、1.2950ドルなどの1.29ドル台でのオプションバリアーが多く見られており、1.2900ドル手前からは利食いが先行し、上抜けには時間がかかりそうだ。

ドル・スイスでは、中国人民銀行による外貨準備分散投資計画に加え、ヒルデブランド・スイス中銀理事やロート・スイス中銀総裁の利上げ示唆発言が売り要因となっている。ユーロ・円は本邦信託の売りに東京市場で一旦151円を割り込んだが、中川自民党政調会長の発言を受けたショートカバーに再び151円台に反発している。

当面は151円50銭のオプションバリアーが上値抵抗水準となっている。

 なお、ニューヨーク外為市場ではドル・円は117円77銭、ユーロ・ドルは1.2841、ユーロ・円は151円27銭、ポンド・ドルは1.9054ドル、ドル・スイスは1.2417フランで寄り付いている。


PS3 ソニーの命運握る戦略商品

11日に発売されたソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)3」は、業績低迷中のソニーにとって「復活をかけた戦略商品」(ハワード・ストリンガー会長)で、年末商戦が成否を占う最初のヤマになる。

ただ、ライバルの任天堂マイクロソフトも新商品を年末商戦に投入し真っ向対決の姿勢で、ソニーの挑戦が成功するかは予断を許さない。

 PS3は開発に数千億円が投じられ、次世代DVDの「ブルーレイ・ディスク(BD)」再生機やスーパーコンピューター級の能力の新型半導体を搭載した。製造原価は1台約10万円といわれるが、普及促進を狙って1台約5万~6万円で売るため、ソニーはゲーム事業だけで07年3月期に2000億円の営業赤字を予想する。

1億台以上売れたPS2並みの実績を残せなければ「復活」というソニーのもくろみも絵に描いたもちとなり、逆に傷口を広げかねない。

 ゲーム業界は高性能なゲームから手軽に遊べるゲームへと人気がシフトする兆しもあり、ゲーム業界に詳しいエンターブレイン社の浜村弘一社長は「年末商戦の主役は任天堂のニンテンドーDS」と話す。携帯型のDSは脳をきたえるゲームなどが大ヒットし、04年末の発売からの累計販売台数は2600万台と過去最速のスピードで売れている。

 任天堂はDS路線を踏襲した家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」を12月2日に発売し、年末商戦に本格参戦する。ソニーにとっては、この年末商戦が社運をかけた背水の陣となりそうだ。



FC2ブログランキング

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/11/11 (Sat) 07:59
来週の相場はどうなるか!

日経平均は続落。86.14円安の16112.43円(出来高概算19億株)で取引を終えている。9日の米国市場では原油高や中間選挙の結果を背景とした薬品セクターの下落からNYダウ、ナスダックともに下落。

シカゴ先物も16110円まで下げる場面をみせていたこともあり、売り優勢のスタートとなった。また、オプションSQに絡む売買も売り越しとなっていた影響も大きい。しかし、寄り付き直後に16107.59円まで下げたものの、昨日の安値は下回らず、プラスに転じる場面もみられた。

ただ、TOPIXに大口の売りが断続的に出ていた影響もあり、マイナスレンジでの膠着相場が続いている。

 後場に入り、再び先物市場での大口売りから16104.74円と前場安値を下回る場面もみられた。

しかし、やはり前日安値を割り込まなかったため、一転して大口買いが連続して入るなど、ショートカバーの動きが強まり一時16280.66円まで上昇している。

ただ、14時発表の9月の機械受注が市場コンセンサスを大幅に下回ったことが嫌気されて急反落となるなど、先物市場の動向に左右させられた感はある。日経平均は前日安値をサポートしたものの、ほぼ安値圏で取引を終えた。

東証1部では値上がり475に対して値下がり1113、変わらず118と、値下がり数が全体の7割近くを占めている。ただ、個別では好業績銘柄などを見直す動きは散見された。




週末10日の米株式相場は、米保険最大手AIGや半導体企業の好決算を眺めて小幅ながら反発し、優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比5.13ドル高の1万2108.43ドルで引けた。

ハイテク株中心のナスダック総合指数は13.71ポイント高の2389.72と、8日につけた5年9カ月ぶりの高値を更新して終了した。 




週末10日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、軟調な需要見通しに圧迫されて大幅反落し、1バレル=60ドルを再び割り込んで引けた。米国産標準油種WTIの中心限月12月物の終値は前日終値比1.57ドル安の59.59ドル。 



FC2ブログランキング

テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/11/10 (Fri) 08:20
日経平均は小幅下落!銀行、証券、不動産といった内需関連の弱い!

日経平均は小幅下落。17.17円安の16198.57円(出来高概算16億5500万株)で取引を終えている。

8日の米国市場は、米中間選挙通過による不透明感払拭からNYダウ、ナスダックともに続伸。この流れに加えて昨日全面安の反動もあり、日経平均は小幅ながら上昇して始まった。

その後、TOPIXが1600Pを回復する動きをみせたこともあり、日経平均も一時16286.26円まで上昇している。しかし、明日にオプションSQを控えていることもあってか動きづらく、またテクニカル的なリバウンドの域を脱せない状況の中、膠着感の強い相場展開となっている。後場に入ると昼のバスケットで売り決め優勢であった影響もあり下げに転じると、その後もじり安基調が続いた。


9日のNYは
NYダウ       12103.3        -73.24  

S&P500        1378.33        -7.39  

NASDAQ         2376.01       -8.93  
  
CME225先物       16150        -125  

FT100          6231.5         -7.5  

DAX          6358.68        +9.42  

為替          117.9       +0.1  

WTI先物        61.16        +1.33  

金(Gold)先物      636.8      +18.5




テーマ : 株式市況 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/11/09 (Thu) 08:20
悪い材料には敏感に反応?

8日後場の東京株式市場では、全面安商状に平均株価は下げ基調を強めた。

株価指数先物に大口売りが出て、裁定解消売りを誘い、午後零時54分には1万6199円43銭(前日比193円98銭安)まで下げ幅を拡大した。大手銀行株や、新興市場の株価低迷に加え、ナスダック100株価指数先物の軟調も市場心理の後退につながった。

 米中間選挙結果で上院は与野党5分5分、下院は野党・民主党が圧倒的との見通しが伝えられ、「直接的には影響はないと見られるが、やはり今晩のNYマーケットを見極めたい」(オンライン証券)とのムードが尾を引いた。水野温・日銀審議委員が講演で「徐々に金利水準の調整を行うことが適切」との認識を示し、「金利引き上げ、調達コストの上昇懸念が強まった」(米系証券)ほか、「9月の景気動向指数で先行指数が20%と3カ月連続で(景気判断の分岐点)50%割れとなり、先行きの景気減速感が警戒された面もある」(準大手証券)との声が聞かれた。

 平均株価は終値で前日比177円67銭安の1万6215円74銭と3日ぶりに大幅反落。TOPIXは同19.18ポイント安の1597.50ポイントと9月27日以来の1600ポイント割れとなった。東証1部の騰落銘柄数は値上がり179、値下がり1469。出来高は18億1806万株。売買代金は2兆5137億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台後半(前日終値は117円79銭)で取引されている。



8日のNYは
NYダウ       12176.54   +19.77  

S&P500         1385.72   +2.88  

NASDAQ         2384.94    +9.06  

CME225先物        16275    -130  

FT100             6239   -5  

DAX           6349.26   -12.7  

為替           117.8   +0.1  

WTI先物          59.83    +0.9  

金(Gold)先物       618.3    -9.4
中間選挙ブッシュ陣営思わしくなかったようですが、NYはプラスで引けています。
このごろNYとの連動性がなくなったようです。NYが上げても上がらずですが下げたときは一緒に下がる。
悪い材料には敏感に反応?


無許可の牛肉混入 米処理施設、輸入を保留


厚生労働省と農林水産省は8日、輸入手続きに必要な米政府発行の衛生証明書に書かれていない牛の内臓肉が大阪港で見つかり、この肉を出荷した米国の食肉処理施設からの輸入手続きを当面の間保留すると発表した。7月に米国産牛肉の輸入再開を認めて以後、輸入が保留されるのは初めて。

 今回見つかった内臓肉はBSE(牛海綿状脳症)の原因物質が集まりやすいとして輸入が禁止されている特定危険部位ではなく、正規の手続きを経れば輸入できる部位。日本政府は米側に詳細な調査と再発防止措置の実施を求め、近く現地調査を行う。

 両省によると、10月30日、輸入業者から動物検疫所大阪出張所に、大阪港に到着した米国産牛肉760箱(約11トン)のうちの1箱(約9キロ)に、衛生証明書に書かれていない胸腺の肉が含まれていると連絡があった。検疫所で調べたところ、日本向け牛肉を出荷しているスイフト社のグリーリー工場(コロラド州)から出荷された肉だった。7日までかけ全箱を調べたが、他に混入はなかったという。

 厚労省は「食肉処理の段階で混入したものではなく、危険部位が輸出される事態には結びつかないと考えている」としている。

 同工場は対日輸出が認められている35施設のうち、輸出量が177トンで7番目。


困惑の外食業界=吉野家は当該施設の牛肉も使用している!




FC2ブログランキング






テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/11/07 (Tue) 07:06
6日 東京株式市場

昨日の日経は小幅反発しています。


6日後場の東京株式市場では、平均株価が上げに転じ、午後1時53分には1万6398円51銭(前週2日比48円49銭高)まで浮上する場面もあった。

お昼の立ち会い外バスケット取引でやや買い決め優勢の流れを受け、主力株の一角が買い直された。市場推計で買い指し値注文が増加、先物に買い戻しの動きが強まり、現物株指数の底上げにつながった。

ただ、今週は米国で7日に中間選挙、国内では8日の9月景気動向指数、10日の株価指数オプション11月物のSQ(特別清算指数)算出9月機械受注統計の発表などを控えていることもあり、積極買いは限定された。

 市場では、「短期テクニカル指標は売られ過ぎの水準にあり、反動高のタイミング。ただ、戻り切れるかどうかが問題だ」(オンライン証券)、「決算発表が続いているが、観測記事を含め、決算はほぼ出尽くし状態であり、材料に乏しい」(銀行系投信)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前週2日比14円74銭高の1万6364円76銭と3日ぶりに小反発した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり615、値下がり965。出来高は15億6224万株。売買代金は2兆1674億円。東京外国為替市場では、1ドル=118円台前半(前週2日終値は117円27銭)で取引されている。


NYは週末12000ドル割れ、ナスも下げていました。
一方東証は、NYの12000ドル割れや外資系の売りこし等もあり軟調に始まりましたが、後場から輸出関連の主力に機関投資家が買いを入れたことなどから反発に転じ小幅ながらも反発しています。



6日のNYは
NYダウ      12105.55       +119.51  

S&P500        1379.78       +15.48  

NASDAQ         2365.95       +35.16  

CME225先物       16555        +205  

FT100          6224.5       +76.4  

DAX          6330.65       +89.5  

為替            118.3       +0.3  

WTI先物          60.02       +0.88  

金(Gold)先物       627.9       -1.3


海外は大幅高CMEも16500円台に急騰さて東証はどうなりますやら。
一気に400円ほど高くなってもいいような感じですが上値の思い展開かな?



FC2ブログランキング

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/11/06 (Mon) 04:51
相互リンクを募集しています。

相互リンクを募集しています。

以下に該当していれば歓迎します。
・株、投資、サイト など
・アクセスアップのために単語がずらずら並べてあるサイトはNG

手順↓
まずこちらのサイトのトップページ

サイト名
駄目オヤジの株修行!一億までの投資日記!

http://iriiri123.blog78.fc2.com/


を自分のサイトにリンクしてください。
その後、コメントにその旨をお知らせください。
リンクされているのを確認した後、こちらからもリンクさせてもらいます。

気軽に声をかけてもらえれば嬉しいです。
よろしくお願いします。

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/11/02 (Thu) 01:42
日経平均反落も内需中心とした強い動き

日経平均は小幅下落。24.13円安の16375.26円(出来高概算16億4700万株)で取引を終えた。NYダウが小幅ながら3日続落となっていることや為替の円高基調などもあり、連動性の高い国際優良株の一角に利益確定の動きが出ている。

また、先物市場で大口売りが断続的に出た影響もあり、寄り付き直後には一時16246.24円まで下げる場面をみせている。

そのほか指数インパクトの高いソフトバンクが弱い動きをみせている影響も受けた。一方、大手銀行や損保、ノンバンクなど昨日下げが目立っていた内需関連の一角が反発しており、これが日経平均を下支えする格好。好決算発表銘柄や中小型株など個別材料株への値幅取りの動きも目立っている。

 この内需中心とした強い動きが続く中、利食いに押されている国際優良株も下値は堅く、日経平均は後場に入るとじりじりと値を上げる展開をみせている。ただし、16444.51円まで上げ幅を広げたものの、同水準に位置する25日線を突破する勢いはなく、大引けにかけては再び下げに転じた。

東証1部では値上がり879に対して値下がり695、変わらず128と、辛うじて値上がり数が全体の過半数を超えている。内需系の上昇によってTOPIXは上昇し、NT倍率(日経平均÷TOPIX)は10.09倍に低下。また、中小型株への値幅取りの流れから、新興3市場は昨日同様、揃って上昇している


ワラント

ソフトバンク プット [142] +85.71

「通話、メール0円」などと強調した広告内容を週内に見直すことを決めた。「0円」の文字を小さくする一方、無料にならない通話時間帯などの記載を目立たせ、消費者に誤解を与えない内容に改める。前提となる2年契約の割賦販売方式についても、分かりやすい表示にする方針だ。

 同社の広告をめぐっては、公正取引委員会が景品表示法などに違反している疑いがあるとして調査に乗り出しており、このままではイメージ悪化が避けられないと判断した。

 公取委が問題視しているのは、通話とメールが無料と強調して表示しながら、その契約条件を小さく書いていること。

 同社の広告については、ライバルのNTTドコモとKDDI(au)が、「実際には料金が高くなるケースもあるのに、0円とした広告宣伝だけを見ると、消費者に誤解を与えかねない」と批判。他社と比べてソフトバンクモバイルの方が、実態以上に有利だと消費者に誤認させる景品表示法上の「有利誤認」に当たる可能性もあるとして、両社は公取委に違法性の有無を打診していた。



FC2ブログランキング



テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2006/11/01 (Wed) 00:17
何と予想外!番号ポータビリティ制度「au」独り勝ち

何と予想外でした!au一人がち!!!!!

私はてっきりソフトバンクかと・・・・・



番号ポータビリティ制度「au」独り勝ち

事業者を変えても携帯電話の電話番号を継続して使用できる番号ポータビリティー(MNP)の加入者移動状況が30日明らかになった。スタート後6日たった29日現在の加入者の移動状況は、KDDIの「au」が約8万加入増加した一方、NTTドコモは約6万、ソフトバンクモバイルは約2万の加入減となり、auの一人勝ちとなった。

 関係筋によると、6日間の増加分と減少分を相殺した純増減は、auが8万600件の増加だったのに対し、NTTドコモは6万件減少、注目されたソフトバンクも、ふたを開けると2万400件の減少だった。

 auはドコモ、ソフトバンクの両方から顧客を奪い取った。一方で、ソフトバンクとドコモの間では、ドコモが3000件ながら顧客を奪った。

 8月末に冬モデルを発表し、MNPスタート時の機種を充実させるなど準備万端で臨んだauが、まずは優勢なスタートを切った。ただ、ソフトバンクのシステム障害の影響で今後の流動化も予想される。



大型株指数のみがマイナス

日経平均は反発。47.54円高の16399.39円(出来高概算16億3300万株)で取引を終えている。

昨日のTOPIX浮動株比率見直しのイベント通過と、大幅下落の反動、そして米ハイテク株上昇によるナスダックの反発などもあり、日経平均は反発して始まった。
 その後も上げ幅を広げ、寄り付き直後には一時16429.54円まで上昇している。買い一巡後は同水準に位置する25日線が上値抵抗線として意識されたほか、バスケット売り観測なども出ており、上値の重さが嫌気する格好から前引け間際には下げに転じる場面もみられた。

 しかし、昼のバスケットが買い決めとの見方から後場は16400円を回復して始まり、その後は先物市場での大口買いなどショートカバーの流れにつながっている。
 
これにより日経平均は16477.06円と前場の高値を上回る場面をみせた。大引けにかけては月末要因などもありポジション調整の売りに押されたため、25日線を回復することは出来なかった。

東証1部では値上がり906に対して値下がり649、変わらず145と値上がりが過半数を占めている。ソニー、東エレク、アドバンテストがプラスで推移する一方、TDK、トヨタソフトバンクが冴えない値動き。大手銀行株やノンバンク株なども軟調な展開となっており、規模別株価指数では大型株指数のみがマイナスとなった



FC2ブログランキング


テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。