FC2ブログ

FC2ブログランキング

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

おすすめ証券会社!

リンク

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/07 (Tue) 07:06
6日 東京株式市場

昨日の日経は小幅反発しています。


6日後場の東京株式市場では、平均株価が上げに転じ、午後1時53分には1万6398円51銭(前週2日比48円49銭高)まで浮上する場面もあった。

お昼の立ち会い外バスケット取引でやや買い決め優勢の流れを受け、主力株の一角が買い直された。市場推計で買い指し値注文が増加、先物に買い戻しの動きが強まり、現物株指数の底上げにつながった。

ただ、今週は米国で7日に中間選挙、国内では8日の9月景気動向指数、10日の株価指数オプション11月物のSQ(特別清算指数)算出9月機械受注統計の発表などを控えていることもあり、積極買いは限定された。

 市場では、「短期テクニカル指標は売られ過ぎの水準にあり、反動高のタイミング。ただ、戻り切れるかどうかが問題だ」(オンライン証券)、「決算発表が続いているが、観測記事を含め、決算はほぼ出尽くし状態であり、材料に乏しい」(銀行系投信)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前週2日比14円74銭高の1万6364円76銭と3日ぶりに小反発した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり615、値下がり965。出来高は15億6224万株。売買代金は2兆1674億円。東京外国為替市場では、1ドル=118円台前半(前週2日終値は117円27銭)で取引されている。


NYは週末12000ドル割れ、ナスも下げていました。
一方東証は、NYの12000ドル割れや外資系の売りこし等もあり軟調に始まりましたが、後場から輸出関連の主力に機関投資家が買いを入れたことなどから反発に転じ小幅ながらも反発しています。



6日のNYは
NYダウ      12105.55       +119.51  

S&P500        1379.78       +15.48  

NASDAQ         2365.95       +35.16  

CME225先物       16555        +205  

FT100          6224.5       +76.4  

DAX          6330.65       +89.5  

為替            118.3       +0.3  

WTI先物          60.02       +0.88  

金(Gold)先物       627.9       -1.3


海外は大幅高CMEも16500円台に急騰さて東証はどうなりますやら。
一気に400円ほど高くなってもいいような感じですが上値の思い展開かな?



FC2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

<< 悪い材料には敏感に反応? | ホーム | 相互リンクを募集しています。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。